コンテンツ

資産運用 個人向け国債

個人向け国債とは国が発行している債権を意味します。
個人向けということで誰でも購入することができます。
この個人向け国債が人気である理由として国内で最も安全性の高い債権である点です。
国債であるため、元本は国が補償してくれ、元本割れをすることがありません。
資産の分散運用として個人向け国債を購入する人は多いです、

個人向け国債は銀行や証券会社で購入が可能です。
少し前までは店舗での購入が当たり前でしたが最近ではオンライントレードの1つとして購入が可能になっています。
店舗型の証券会社が持つオンライントレードの方がネット証券に比べて個人向け国債を扱っている事が多いです。
オンライントレードのできる口座さえ持っていれば、いくら購入するかを決めるだけで簡単に購入できるのが魅力です。

そんな個人向け国債は2つのタイプがあります。
1つは変動金利10年タイプの個人向け国債です。
このタイプは半年ごとに利率を見直します。最低利率0.05%の補償はありますが、金利は変動します。
もう1つは固定金利5年タイプです。
これは利率が一定でずっと変わらないタイプになります。10年タイプと同様に最低利率は補償してくれます。
満期を迎えるころには少なくても絶対に利益がでるという点が魅力になります。
国債購入額が高ければ、高いほど利益も多くなります。

個人向け国債は堅実な投資の一つでもあります。
最低金額は1万円から購入が可能であるため、気軽に購入ができ損をすることはありません。