コンテンツ

資産運用 外貨MMF

外貨建てMMFとは外貨建ての債券を中心とした投資信託を表します。
外貨建てMMFの最大の特徴は安全性を高めた運用商品を目指している点です。ただし元本割れをおこす場合もあります。
この商品は格付けが高く、金利の安全性もあるため最近注目を集めている商品です。
外貨預金に比べると換金性もよく、日本とは違い金利が高いので為替益が発生しやすいというのが魅力です。

オンライントレードで外貨建てMMFを取り扱っている所はたくさんあります。
株の初心者からすれば、外貨建てのMMFは分かりづらい商品のため避ける人も少なくありません。
ただこの商品は日本円で1500円くらいから始めることができるのです。
元本割れを起こす可能性もありますが格付けが高いので大きな損をすることもありません。
元本自体も安いので比較的抵抗なく始めることができるのが魅力です。

オンライントレードであれば、自宅にいながら取引が可能です。
口座管理料もいらないところばかりのため、費用もかかりません。
日本の利回りが0.5%を切るのに対し、海外では最低でも0.5%は利回りがあります。
利回りの高いところであれば7%近くになります。
上手く運用すれば確実に資産を増やす事ができます。

証券会社によって取り扱っている外貨建てMMFの種類が異なります。
オンライントレードは店舗型の証券会社に比べると手数料が安いのでお勧めです。
いつでも解約はできますが、日本円に換える時に生じる為替リスクだけには注意しましょう。